電話でのお問合せ

0120-217-700

(月~土)午前10時~午後7時
※日曜・祝日を除く

保険料お見積り

お見積り条件

契約年齢 歳      生年月日:

 ※お見積り基準日 

条件を
変更
ブラウザの「戻る」ボタンはご使用にならないようお願いします。
必ずページ内に配置されたボタンをご利用ください。(システムの制約上、正常にご利用いただけない場合があります。)
この商品の月払保険料
ご選択のプランは
入院給付日数 入院給付日額
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
手術
保険料払込期間 <終身払>
保険料の払込期間が一生涯続きます。一定の期間で保険料の払込みが終了するタイプより毎回支払う保険料は安くなります。

<55歳~75歳払込満了、10年払済>
払込満了年齢に保険料払込が終了します。保険料の払込みが一生涯続くタイプより毎回支払う保険料は高くなりますが、保険料払込が終了した後は保険料の払込のご負担なく、一生涯保障を継続いただけます。なお、保険料払込期間中、解約払戻金はありませんが、保険料払込期間終了後、解約払戻金があります。
入院給付金(30日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 入院給付金(60日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 入院給付金(120日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。
手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
   
この商品はお客様のニーズにあわせて自由に保障(特約)を組合せることができる商品です。
以下の中から必要な保障(特約)をお選びください。(お選びいただかなくてもお申込みいただけます)

退院後通院給付金 入院給付金が支払われる入院をし、その入院の原因となった病気やケガの治療を目的として通院されたときにお支払いします。
(入院の原因がガンの場合:退院後5年間支払限度日数無制限)
(入院の原因がガン以外の場合:1回の入院につき退院後180日間で30日限度、通算支払日数1,095日限度)

退院後通院一時金 退院後通院給付金が支払われる通院をしたとき、一時金をお支払いします。


    保険期間/保険料払込期間    
    短期収入サポート月額給付金免責特則 短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とすることでお手頃な保険料で所定の高度障害状態や所定の身体障害の状態などへの保障を備えることができます。
長期収入サポート月額給付金 以下のいずれかに該当したときにお支払いします。
・所定の高度障害状態に該当したとき
・不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害の状態に該当したとき
・国民年金法に基づく障害等級1級または2級(2級の場合、精神の障害による場合を除く)に該当していると認定され、障害基礎年金の受給権が生じたとき
※障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。

短期収入サポート月額給付金 同一の月に10日以上、入院または精神および行動の障害を原因とするものを除いて医師の指示を受けて自宅等で治療に専念(軽い家事および必要最小限の外出を除く)されたときにお支払いします。(通算60回限度)
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。

保険期間/保険料払込期間
短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。





この商品についてのよくあるご質問………………………………………………………

  • ガンになった際の保障もありますか? はい。ガンの治療のための入院、手術、放射線治療等も保障の対象となります。また、「特定疾病保険料払込免除特約(Z02)」を付加することで、ガン(上皮内新生物を含む)と診断された場合、以後の保険料の払込は免除となります。「特定疾病一時金特約」を付加することで、ガン(上皮内新生物を含む)と診断された場合、一時金をお支払いします。
  • 通院のみの治療は保障の対象になりますか? いいえ、通院のみの保障はご請求対象外となります。「退院後通院特約(Z03)」を付加することで、病気やケガで入院された後の通院治療を保障いたします。
  • 日帰り入院は保障の対象になりますか? はい。日帰り入院も保障の対象となります。入院の短期化に対応し、日帰り入院を対象といたしました。
この商品の月払保険料
ご選択のプランは
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。
自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
保険料払込期間 終身払
保険料の払込期間が一生涯続きます。一定の期間で保険料の払込みが終了するタイプより毎回支払う保険料は安くなります。

55歳~80歳払込満了、10年払
払込満了年齢に、または10年間で保険料払込が終了します。保険料の払込みが一生涯続くタイプより毎回支払う保険料は高くなりますが、保険料払込が終了した後は保険料の払込のご負担なく、一生涯保障を継続いただけます。なお、保険料払込期間中、解約払戻金はありませんが、保険料払込期間終了後、解約払戻金があります。
この商品はお客様のニーズにあわせて自由に保障(特約)を組み合わせることができる商品です。
以下の中から必要な保障(特約)をお選びください。(特約なしでもお申込みいただけます)
オススメの組み合わせプランを見る
ホルモン剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定のホルモン剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。

給付金額:5万円
自由診療ホルモン剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定のホルモン剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

給付金額:10万円
*通算12ヶ月
ガン緩和療養給付金 ガン性疼痛緩和を目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の疼痛緩和薬が処方・投与される入院または通院をされたとき、または所定の緩和ケアの行なわれる入院をされたときにお支払いします。

給付金額:5万円
*通算12ヶ月
ガン治療関連給付金 ガンの治療を目的としたがん診療連携拠点病院等への入院または通院で、医科診療報酬点数表または歯科診療報酬点数表の算定対象となる治療を行い、その治療と同一の月に所定の抗がん剤治療・ホルモン剤治療・手術・放射線治療・緩和療養を行っていないときにお支払いします。

給付金額:5万円
*通算12ヶ月
ガン手術給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術または造血幹細胞移植を受けたときにお支払いします。

給付金額:ガン手術給付金額
ガン特定手術給付金 ガンの治療を直接の目的として、次のいずれかの手術を受けたときにお支払いします。
①乳房観血切除術
②子宮摘出術
③卵巣摘出術
④子宮・子宮附属器にかかる手術(②③を除く)
⑤乳房再建術(①を受けたことによる手術)

給付金額:ガン手術給付金額×0.5
*①1乳房につき1回 ②1回
 ③1卵巣につき1回 ④1回
 ⑤1乳房につき1回 限度
ガン放射線治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。

給付金額:ガン放射線治療給付金額
*60日に1回限度

この商品についてのよくあるご質問………………………………………………………

  • 商品の特長について教えてください 医療技術の進歩に伴い、近年のガン治療は外来を中心に治療する傾向が増えてきています。終身ガン治療保険プレミアムZは、通院による治療が増えている化学療法(抗がん剤治療)を中心としたガン治療全体を保障いたします。給付金の額や特約の選択について自由設計ができるようにしており、お客様のニーズにあったプランを設定することができます。
  • 契約を続けた場合高齢になるにつれ、保障額が減ったりするのですか いいえ。『終身ガン治療保険プレミアムZ』は、一生涯変わらない保障が続きます。契約を続け高齢になっても保障内容が変わったり、保障額が減ったりすることはありません。
  • 上皮内新生物は保障の対象になりますか? はい。保障の対象となります。ただし、悪性新生物保険料払込免除については、対象外となります。
この商品の月払保険料
ご選択のプランはです。

*プランの条件に該当するかはこちらをご確認ください。

プランの条件とは?

  • この商品は、保険期間「90歳満了」選択時に、月払保険料1,500円以上、年払保険料15,000円以上の場合にお申込みいただけます。
リスク細分型区分(非表示)
保険金額
保険期間
(月額保険料)
死亡保険金 保険期間中に死亡されたときにお支払いします。 高度障害保険金 責任開始期以後の傷害または疾病を原因として保険期間中に所定の高度障害状態に該当されたときにお支払いします。
リビング・ニーズ特約 被保険者の余命が6ヶ月以内と判断される場合に死亡保険金の全部または一部についてお支払いします。    

この商品についてのよくあるご質問………………………………………………………

  • 血圧の値はいつ時点のものを回答すればよいですか お客様にあった型にお申込みいただくため、過去1年6ヶ月以内かつ最新の健康診断結果・人間ドックの検査結果に記載されている最低値および最高値をご回答ください。
  • 健康診断・人間ドックを受診していないのですが、定期保険プレミアムDXに加入できますか いいえ。お客様にあった型にお申込みいただくため、過去1年6ヶ月以内かつ最新の健康診断結果・人間ドックの検査結果に記載されている血圧の値をお伺いしますので、ご加入いただく際にはお申込みの前に健康診断・人間ドックを受診いただく必要があります。 ※標準体型にお申込みのお客様は健康診断・人間ドックの結果を省略できる場合がございますが、診査方法や審査により上記書類のご提示が必要となる場合がございます。
  • 血圧の値はスポーツクラブなどで測ったものでもよいですか いいえ。正確を期するため、過去1年6ヶ月以内かつ最新の健康診断結果・人間ドックの検査結果に記載されている血圧の値に限らせていただきます。
この商品の月払保険料
一定期間内に病気やケガにより死亡・高度障害状態になった際にご家族がまとまった金額を受取れる保険です。
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
リスク細分型区分(非表示)
保険金額
保険期間
(月額保険料)
死亡保険金 保険期間中に死亡されたときにお支払いします。 高度障害保険金 責任開始期以後の傷害または疾病を原因として保険期間中に所定の高度障害状態に該当されたときにお支払いします。
リビング・ニーズ特約 被保険者の余命が6ヶ月以内と判断される場合に死亡保険金の全部または一部についてお支払いします。    
この商品はお客様のニーズにあわせて自由に保障(特約)を組み合わせることができる商品です。
以下の中から必要な保障(特約)をお選びください。
オススメの組み合わせプランを見る
災害死亡保険金
災害高度障害保険金
この商品の月払保険料
ご選択のプランは 長期収入サポート給付月額 長期収入サポート月額給付金とは?
所定の高度障害状態に該当したり、国民年金法に基づき、障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され、障害基礎年金の受給権が生じたときなどに、毎月給付金をお支払いします。働けなくなったときの毎月の収入の減少をサポートします。

被保険者の年収が400万円未満の場合は10万円まで、400万円~600万円未満の場合は20万円までお申込みいただけます。
「主婦・主夫」「パートタイマー」の場合は年収に関わらず20万円までお申込みいただけます。
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
保険期間
保険料払込期間 全期払
保険料の払込みが保険期間と同一です。保険料の払込方法が10年払の場合より毎回支払う保険料は安くなります。

10年払
10年で保険料払込が終了します。保険料の払込方法が全期払の場合より毎回支払う保険料は高くなりますが、保険料払込が終了した後は保険料の払込みのご負担なく保険期間満了まで保障が続きます。
短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。
長期収入サポート月額給付金 病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。
長期収入サポート月額給付金 病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。
長期収入サポート月額給付金 病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。
長期収入サポート月額給付金 病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。
長期収入サポート月額給付金 病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。
短期収入サポート月額給付金 病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
※自宅等で治療をされる場合、精神及び行動の障害を原因とするものを除きます。
短期収入サポート月額給付金 病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
※自宅等で治療をされる場合、精神及び行動の障害を原因とするものを除きます。
短期収入サポート月額給付金 病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
※自宅等で治療をされる場合、精神及び行動の障害を原因とするものを除きます。
短期収入サポート月額給付金 病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
※自宅等で治療をされる場合、精神及び行動の障害を原因とするものを除きます。
短期収入サポート月額給付金 病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
※自宅等で治療をされる場合、精神及び行動の障害を原因とするものを除きます。
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。
保険期間/保険料払込期間 保険期間/保険料払込期間
短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。 短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。 短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。 短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。 短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。    

この商品についてのよくあるご質問………………………………………………………

  • 長期収入サポート月額給付金と、短期収入サポート月額給付金の違いを教えてください。 長期収入サポート月額給付金
    病気・ケガによる所定の高度障害状態、不慮の事故による所定の身体障害状態、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級(精神の障害は1級のみ)に認定され障害基礎年金の受給権が生じたときに給付金をお支払いします。
    障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。

    短期収入サポート月額給付金
    病気・ケガを原因として同一月に10日以上の入院または自宅等で治療をされたとき通算60回を限度として給付金をお支払いします。(短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合は支払いがありません)
    1ヶ月、2ヶ月と入院が続かなくても、すぐに給付金を受取れます。
  • 短期収入サポート月額給付金免責特則とは何ですか? 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。
  • 給付金の受取りイメージを教えてください。
この商品の月払保険料
ご選択のプランは
入院給付日数 入院給付日額
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
手術
女性疾病入院給付日額
保険料払込期間 <終身払>
保険料の払込期間が一生涯続きます。一定の期間で保険料の払込みが終了するタイプより毎回支払う保険料は安くなります。

<55歳~75歳払込満了、10年払済>
払込満了年齢に保険料払込が終了します。保険料の払込みが一生涯続くタイプより毎回支払う保険料は高くなりますが、保険料払込が終了した後は保険料の払込のご負担なく、一生涯保障を継続いただけます。なお、保険料払込期間中、解約払戻金はありませんが、保険料払込期間終了後、解約払戻金があります。
入院給付金(30日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 入院給付金(60日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 入院給付金(120日型) 病気(ガンを含みます)・ケガで入院されたときにお支払いします。1回の入院の支払限度日数は30日・60日・120日のいずれかからお選びいただけます。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(入院中の手術) 病気・ケガで入院中に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。
手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 手術給付金(外来での手術) 病気・ケガで入院中以外に所定の手術を受けられたとき、所定の骨髄移植術を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。 放射線治療給付金 病気・ケガで所定の放射線治療を受けられたときにお支払いします。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
骨髄ドナー給付金 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に、骨髄幹細胞の採取術※を受けたときにお支払いします。

※骨髄幹細胞の採取術には、末梢血幹細胞移植における末梢血幹細胞の採取術を含めます。ただし、自家移植(骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる場合)を除きます。
女性総合疾病入院給付金 所定の女性総合疾病の治療を直接の目的として入院をしたときお支払いします。1回の入院の支払限度日数は入院給付日数で選択した30日・60日・120日と同一期間です。 女性総合疾病入院給付金 所定の女性総合疾病の治療を直接の目的として入院をしたときお支払いします。1回の入院の支払限度日数は入院給付日数で選択した30日・60日・120日と同一期間です。 女性総合疾病入院給付金 所定の女性総合疾病の治療を直接の目的として入院をしたときお支払いします。1回の入院の支払限度日数は入院給付日数で選択した30日・60日・120日と同一期間です。 女性総合疾病入院給付金 所定の女性総合疾病の治療を直接の目的として入院をしたときお支払いします。1回の入院の支払限度日数は入院給付日数で選択した30日・60日・120日と同一期間です。
女性総合疾病手術給付金 所定の女性総合疾病で主契約の手術給付金の支払事由に該当する以下の手術を受けたときお支払いします。

(1) 乳房手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する所定の乳房手術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(2) 子宮摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(3) 卵巣摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する卵巣摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(4) 子宮または子宮附属器に分類される手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮または子宮附属器に分類される手術( (2)の子宮摘出術ならびに(3)の卵巣摘出術を除く。)を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×10

(5) 乳房再建術
つぎのすべてを満たす乳房再建術を受けたときにお支払いします。
ア.(1)の乳房手術を受けた乳房について行われた手術であること
イ.主契約の手術給付金の支払事由に該当する手術であること
女性総合疾病入院給付日額×100
女性総合疾病手術給付金 所定の女性総合疾病で主契約の手術給付金の支払事由に該当する以下の手術を受けたときお支払いします。

(1) 乳房手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する所定の乳房手術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(2) 子宮摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(3) 卵巣摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する卵巣摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(4) 子宮または子宮附属器に分類される手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮または子宮附属器に分類される手術( (2)の子宮摘出術ならびに(3)の卵巣摘出術を除く。)を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×10

(5) 乳房再建術
つぎのすべてを満たす乳房再建術を受けたときにお支払いします。
ア.(1)の乳房手術を受けた乳房について行われた手術であること
イ.主契約の手術給付金の支払事由に該当する手術であること
女性総合疾病入院給付日額×100
女性総合疾病手術給付金 所定の女性総合疾病で主契約の手術給付金の支払事由に該当する以下の手術を受けたときお支払いします。

(1) 乳房手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する所定の乳房手術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(2) 子宮摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(3) 卵巣摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する卵巣摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(4) 子宮または子宮附属器に分類される手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮または子宮附属器に分類される手術( (2)の子宮摘出術ならびに(3)の卵巣摘出術を除く。)を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×10

(5) 乳房再建術
つぎのすべてを満たす乳房再建術を受けたときにお支払いします。
ア.(1)の乳房手術を受けた乳房について行われた手術であること
イ.主契約の手術給付金の支払事由に該当する手術であること
女性総合疾病入院給付日額×100
女性総合疾病手術給付金 所定の女性総合疾病で主契約の手術給付金の支払事由に該当する以下の手術を受けたときお支払いします。

(1) 乳房手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する所定の乳房手術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(2) 子宮摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(3) 卵巣摘出術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する卵巣摘出術を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×50

(4) 子宮または子宮附属器に分類される手術
主契約の手術給付金の支払事由に該当する子宮または子宮附属器に分類される手術( (2)の子宮摘出術ならびに(3)の卵巣摘出術を除く。)を受けたときにお支払いします。
女性総合疾病入院給付日額×10

(5) 乳房再建術
つぎのすべてを満たす乳房再建術を受けたときにお支払いします。
ア.(1)の乳房手術を受けた乳房について行われた手術であること
イ.主契約の手術給付金の支払事由に該当する手術であること
女性総合疾病入院給付日額×100
女性総合疾病放射線治療給付金 つぎのすべてを満たす放射線治療を受けたときお支払いします。

①責任開始期以後に生じた所定の女性総合疾病の治療を直接の目的とした放射線治療
②主契約の放射線治療給付金の支払事由に該当する放射線治療(血液照射は対象外)
女性総合疾病放射線治療給付金 つぎのすべてを満たす放射線治療を受けたときお支払いします。

①責任開始期以後に生じた所定の女性総合疾病の治療を直接の目的とした放射線治療
②主契約の放射線治療給付金の支払事由に該当する放射線治療(血液照射は対象外)
女性総合疾病放射線治療給付金 つぎのすべてを満たす放射線治療を受けたときお支払いします。

①責任開始期以後に生じた所定の女性総合疾病の治療を直接の目的とした放射線治療
②主契約の放射線治療給付金の支払事由に該当する放射線治療(血液照射は対象外)
女性総合疾病放射線治療給付金 つぎのすべてを満たす放射線治療を受けたときお支払いします。

①責任開始期以後に生じた所定の女性総合疾病の治療を直接の目的とした放射線治療
②主契約の放射線治療給付金の支払事由に該当する放射線治療(血液照射は対象外)
この商品はお客様のニーズにあわせて自由に保障(特約)を組合せることができる商品です。
以下の中から必要な保障(特約)をお選びください。(お選びいただかなくてもお申込みいただけます)

退院後通院給付金 入院給付金が支払われる入院をし、その入院の原因となった病気やケガの治療を目的として通院されたときにお支払いします。
(入院の原因がガンの場合:退院後5年間支払限度日数無制限)
(入院の原因がガン以外の場合:1回の入院につき退院後180日間で30日限度、通算支払日数1,095日限度)

退院後通院一時金 退院後通院給付金が支払われる通院をしたとき、一時金をお支払いします。


    保険期間/保険料払込期間    
    短期収入サポート月額給付金免責特則 短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とすることでお手頃な保険料で所定の高度障害状態や所定の身体障害の状態などへの保障を備えることができます。
長期収入サポート月額給付金 以下のいずれかに該当したときにお支払いします。
・所定の高度障害状態に該当したとき
・不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害の状態に該当したとき
・国民年金法に基づく障害等級1級または2級(2級の場合、精神の障害による場合を除く)に該当していると認定され、障害基礎年金の受給権が生じたとき
※障害状態に関する継続確認がないため、いったんお支払いが開始したあとは保険期間満了(生存を条件)までずっと給付金を受取れます。

短期収入サポート月額給付金 同一の月に10日以上、入院または精神および行動の障害を原因とするものを除いて医師の指示を受けて自宅等で治療に専念(軽い家事および必要最小限の外出を除く)されたときにお支払いします。(通算60回限度)
生存支払保証期間 長期収入サポート月額給付金を支払う最低保証年数です。
長期収入サポート月額給付金のお支払事由に該当した日から、保険期間満了日までの期間が「生存支払保証期間 」に満たない場合には、保険期間満了日にかかわらず、「生存支払保証期間」にわたって長期収入サポート月額給付金をお支払いします。

保険期間/保険料払込期間
短期収入サポート月額給付金免責特則 本特則を付加した場合、短期収入サポート月額給付金の支払いを免責とします。短期収入サポート月額給付金免責特則を付加した場合でも長期収入サポート月額給付金は免責にはなりません。





この商品についてのよくあるご質問………………………………………………………

  • ガンになった際の保障もありますか? はい。ガンの治療のための入院、手術、放射線治療等も保障の対象となります。また、「特定疾病保険料払込免除特約(Z02)」を付加することで、ガン(上皮内新生物を含む)と診断された場合、以後の保険料の払込は免除となります。「特定疾病一時金特約」を付加することで、ガン(上皮内新生物を含む)と診断された場合、一時金をお支払いします。
  • 通院のみの治療は保障の対象になりますか? いいえ、通院のみの保障はご請求対象外となります。「退院後通院特約(Z03)」を付加することで、病気やケガで入院された後の通院治療を保障いたします。
  • 日帰り入院は保障の対象になりますか? はい。日帰り入院も保障の対象となります。入院の短期化に対応し、日帰り入院を対象といたしました。
この商品の月払保険料
ご選択のプランは
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。
自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
  • 「3大疾病保険プレミアムZ」の主契約は「ガン保険」です。
  • この商品は、月払保険料1,000円以上、年払保険料10,000円以上の場合にお申込みいただけます。
  「3大疾病」とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中のことを言います。
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたときにお支払いします。 自由診療抗がん剤治療給付金 ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたときにお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること

Ⅰ型:抗がん剤治療給付金×2
Ⅱ型:抗がん剤治療給付金×4
*通算12ヶ月
3大疾病特約(Z03) 自動付加 (ガンだけでなく3大疾病を保障します。)
保険料払込期間 終身払
保険料の払込期間が一生涯続きます。一定の期間で保険料の払込みが終了するタイプより毎回支払う保険料は安くなります。

55歳~80歳払込満了、10年払
払込満了年齢に、または10年間で保険料払込が終了します。保険料の払込みが一生涯続くタイプより毎回支払う保険料は高くなりますが、保険料払込が終了した後は保険料の払込のご負担なく、一生涯保障を継続いただけます。なお、保険料払込期間中、解約払戻金はありませんが、保険料払込期間終了後、解約払戻金があります。
3大疾病特約(Z03)
この商品はお客様のニーズにあわせて自由に保障(特約)を組み合わせることができる商品です。
以下の中から必要な保障(特約)をお選びください。
オススメの組み合わせプランを見る